世紀の漢墓発掘レポート

目のくらむ黄金、山をなす貨幣、竹簡(細い短冊に切った竹をつづりあわせた書物)の『論語』『易経』など、美しい象眼細工の楽器や馬飾り、青銅器、漆器の数々…、それに実物の馬や馬車などが、2千年前の歴史をよみがえらせ、「王」であり「皇帝」であり「侯」であった劉賀の人生をものがたる。

1卷

漢墓の至宝がものがたる
若き皇帝 劉賀の悲劇

大漢最盛期の皇帝武帝の孫
昌邑王の劉賀は,
好きな車馬を飛ばす走り屋だった。
はからずも皇帝に擁立されて長安に入り
その悲劇がはじまる。
呪詛、陰謀、愛憎うずまく宮廷にあって
二十七日でその地位を追われ,
ついには辺境の地、海昏国の列侯に……
その三十四年の生涯とは?

2卷


海昏侯墓発掘の生々しいレポート
在位わずか二十七日の皇帝 劉賀の
死後二千年あまりの今日
二万点をこえる貴重な遺品が姿をあらわした。
考古学調査員の手でひとつひとつ組み合わされ
前漢の時代がゆっくりと再現されるさまに、
現場にいるような興奮をさそわれる
考古学マニア必読の書。

3卷


「漢の廃帝」劉賀の終の住みか
幻の海昏国の謎に迫る

自然の地殻変動や王朝を揺るがす歴史のなかにあって
「海昏国」は二千年の歳月により
霧の中に閉ざされた伝説となっていたが、
劉賀の遺品の数々が、神秘のベールを一枚一枚はいでいく。
謎につつまれた歴史の真相は?
本書は三十五の疑問に答えるQ&Aである。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください
TEL 03-5816-1137
受付時間 9:00 – 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
御社名 (必須)
電話番号 (必須)
書名 (必須)
お問い合わせ内容 (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい