発売日 2023年7月
定価 8500
著者 劉守英
翻訳 渡邊 英子
ISBN -
ページ数 496
Cコード -
判型 A5
在庫状況 発売元 ゆまに書房
カテゴリ, , ,

 

Section1    総論

第1章 中国の土地制度改革 これまでとこれから

1、 土地制度の変遷  回顧的評論

(1)農地の集団所有と農家請負制

(2)集団所有、農業従事者の宅基地制度利用とその変化

(3)土地転換のための制度的な取り決めとその変化

2、土地制度の成果と矛盾点

(1)土地制度の整備と中国経済の歴史的変容

(2)現行の土地制度の問題点

3、次世代経済の傾向的特徴と土地制度改革

(1)次世代経済傾向的特徴と土地機能の変化

(2)土地制度改革の今後の方向性について

 

第2章  中国の農村振興戦略の実施と土地制度改革

 

1、問題の導入

2、国内外研究の現状とレビュー

(1)なぜ農業は工業化に追いつけなかったのか

(2)都市の偏りが都市と農村の格差を生む

(3)都市と農村の融合と都市と農村の関係調整

(4)第19回党大会以降の農村振興戦略の解釈

3、農村振興に影響を与える制度的整備とメカニズム

(1)キャッチアップ戦略、都市偏重、田舎の従属的地位

(2)軽視された農民の都市での権利

(3)二元的土地制度と農村開発権の喪失

(4)農業発展形態の歴史的変容と農地制度の非適合性

(5)農村の分断と遅れた宅基地制度

4、地方活性化の道筋と制度供給

(1)全体的な考え方

(2)目標モデル

(3)ルートの選択

(4)「生きた産業、生きた人間、生きた村」を実現するために、農村振興のための土地制度供給を増強

 

 

 

Section2    財産権と土地制度の研究方法

第3章 財産権、行動、経済的パフォーマンス

1. 財産権の機能

2.財産権の定義と行使

3.異なる財産権制度が存在する理由

4.財産権の取り決めと経済的パフォーマンスの関係

5. 本章のまとめ

 

第4章 土地所有権を理解するための視点

1. 土地所有権は、社会の最も基本的な制度的配置である。

2.土地所有権とは土地に付随する権利や利益であり、土地は「物」ではない

3.土地の所有権とは、その土地に対する所有者のすべての可能な権利であるが、異なる権利制度の下で別々に取り扱われなければならない

5. 土地所有権の強さは、責任と義務の履行を前提としている

 

第5章 農地制度の契約構造と財産権の欠陥

1. 制度に対する経済分析の方法

2.中国の現行農地制度の契約構造と財産権の欠陥について

3. 本章のまとめ

 

第6章 中国における土地制度改革の基本理論

1. 選択と変化という2つの主要な制約条件

2.土地制度の選択と変更

(1) 土地制度変革のための弛まぬ努力

(2) 「二権分立(所有と使用の分離)」改革論理の結果

3.宅基地制度の選択と変遷

4.農村の土地転用システムの選択と変遷

5. 土地制度改革は根本的な解決が必要

 

Section3   農村部の土地制度の経験を活かした研究

第7章 中国農村部における集団的土地所有の構造と変遷

1. 調査対象地域の基本特性

2.集団的な土地所有の農家生産請負制の性質

3.ポスト農家生産請負制から農地所有権の変遷

(1) 制度変更の決定要因

(2) 会員権に対する認識の変化と土地制度の取り決めの調整

(3) 契約構造および所有権配分の変化

4.結論と政策的含意

 

第8章 中国の農地制度の特徴と問題点

  1. 農地請負経営権制度の特徴と問題点

(1) 農地請負経営権制度の形成

(2) 現行の土地請負権制度の特徴と問題点

2.農村宅基地制度の特徴と課題

(1)農村宅基地制度の形成

(2) 農村宅基地制度の主な特徴と問題点

3.農村集団建設用地制度の特徴と問題点

(1) 農村集団建設用地制度の形成

(2) 集団建設用地の成長効果

(3)集団的建設用地制度の利用における制度上のジレンマ

 

第9章 農村の土地請負権の移転と市場開拓

  1. 農村の土地請負管理権の移転に関する政策の変遷

(1) 農村の土地請負管理権の移転に関する政策の変遷

(2)農村部の土地請負管理権の移転の段階と地域特性

2.「中国人民共和国農村土地請負法」導入後の土地流通の状況

(1) 土地流通の地域特性

(2) 土地流通のいくつかの形態と制度的特徴

3.現在の土地流通の現状と問題点

(1) 農家の土地請負契約権が所有権化に向けて動き出す

(2) 農村の土地流通は依然として自然発生的なものが中心だが、地方政府や集団経済組織が移転に介入する傾向が大きくなり、所有者や企業による土地区画の数や規模が増加していること

(3) 農村部の土地の市場志向の流れに影響を与える要因はまだ存在する

4.土地流通と大規模運営に関するいくつかの政策課題

(1) 農家の土地請負経営権を長期に渡って実施することが、土地流通の前提条件

(2)農家の土地請負経営権に関する権利の向上と土地流通における契約農家の主体的地位の保護

(3) 集団的経済組織の役割について

(4)大規模経営や企業の農業参入の正しい取り扱いについて

(5) 土地請負経営権の流通市場の確立と土地請負経営権の譲渡の標準化

 

第10章 中国農村部における土地所有権とその管理の変化

  1. 農村の土地所有権の状況と変化

(1)土地の集団所有の主体の変更とその移転

(2) 会員権の集団的所有権の継続的な自己強化

(3) 土地請負経営権の確保と喪失

(4) 土地の権利化と実施

2.土地流通と大規模経営の進捗

(1) 土地流通の特徴

(2) 農業経営規模の変化

(3)農村の土地経営事業体の変化

(4)土地の譲渡や大規模運営の問題点